• ゲ-ム: 
  • サーバー: 
  • 価額:0円/口  0WM/口
 トップページ >> 【エルソード RMT】世界観
2014.02.22
【エルソード RMT】世界観

エルソード rmt
聖なる大陸「エリオス」の誕生
遥か昔。世界の中に、命が存在しないひとつの大陸があった。
森は灰色の茨で埋められ、海は狂ったように荒れ、大地はすべて乾き切っていた。
人々はこの大陸を「神に見捨てられた地」と呼び、またある詩人は「暗黒神の世界」とも謳った。
時の流れと共に、この大陸は次第に成長と拡大を続けていく・・・。
いつしか世界の全てを飲み込んでしまうのでは無いかと、恐れられた死の大陸。


しかし、突如としてそこに変化が起こり始める。
まるで創世記を見るかのようにその大陸はかわっていった。
灰色の茨の木は消えて緑の樹木が育ち、
海の大渦は無くなり、数多くの生命が海の恩窮を受け、
大陸から吹いて来る嵐のような風は木々を揺らす生命の風に変わっていった。


人々は変わり果てたその大陸で、巨大なひとつの宝石を発見する。
その宝石が放つ光は全ての暗闇を溶かすかの如き輝きであった。
すべての生命を一握りの土にしてしまうあの死の空気も、
この光の下にはその面影すら感じさせていない。
まるで、はるか昔からそこに存在していたかのような美しく神秘的な巨大な宝石・・・。
すべての物語は、その宝石から始まっていた。

 
機工生命体「ナソード」の登場 エルソード 相場
それから数百年が過ぎ去った。
もう、死の大陸で闇の面影は見当たらなかった。
人々はこの大陸をもう死の大陸とは呼ばず、
太陽と神の恩恵を受けた大地と称して「エリオス」と呼んだ。
そして人々は集まって大きな王国と多くの国々を建国した。
しかし、時間が過ぎるほどに人々は神の恩恵と自然への感謝を忘れ、
宝石の神秘的な力を自分たちの私利私欲に使おうとした。


すべてのものを創造する宝石の能力・・・。
それは人々に強大な能力を与え、彼らの文明は年を重ねるほど進歩した。
いつしか彼らは新たな文明の産物である
人工知能を有した生命体「ナソード」を作り出した。
だが彼らは生命の秩序と自然の摂理を知らなかった。
「ナソード」の為に、そして彼らの欲の為に生き、
狂ったように宝石の力を吸い込んだ。


結局、増えていくばかりの「ナソード」によって、宝石の力は弱まってしまい、
しばらく隠れていた闇の面影が再び大陸を覆い始めた。
多くの生命が死んでいき、多くの文明が崩壊した。
数多くの「ナソード」たちはその機能を止め、海は再び荒れ始めた。
人間達は自分の罪を悔いて宝石の力を復活させ、
再び宝石の力を取り戻そうと努力した。 ELSWORD rmt


しかし、闇の力は弱りきった宝石の存在を気にする事無く大陸を覆い、
蹂躙とした都市と文明は滅び、荒れ狂った大渦が
渦巻く漆黒の海の中に沈んでしまった。


聖なる「エル」その守人「エルの巫女」
再び栄華を極めた大陸が死の大陸として復活すると誰もが思っていた。
既に「エリオス」の永続を期待する人は居なかった。
しかし、一人の女性が自分の体を犠牲にして
宝石の力を取り戻した。
宝石は再び輝きを発し、闇の気配を拭い去った。
今でも彼女がどうやって宝石の力を取り戻したかは
彼女本人と、極めて一部の者しか知らない。


希望を取り戻した人々は、自分たちの愚かさを悔いて
生き残ったナソードたちと大陸の再建に努める。
以前に比べて宝石の力は弱くなったが、
再び大陸は生命の気を少しずつ宿していった。


人々はその宝石を「エル」と呼び、
宝石を生き返らせた女性を指して「エルの巫女」と称した。
「エルの巫女」は、「エル」の力を取り戻すと言う大きな役割を担った。
彼女の役割は聖なる宝石「エル」を守り、
その力を自然に戻すようにする役割だ。
再び「エル」は大陸を飲み込んだ闇の気配を追い払い、
乾いた地を肥沃な地に、狂暴海を生命の海にした。


人々は「エルの巫女」の力と意思を受け継ぐ継承者を定め、
代を繁いで「エル」の力を共有する存在を作る。
彼女らは昔、地震を犠牲にした「エルの巫女」とは
異なる方式で「エル」に力を与えた。